そうなんだ Windows NT

Windows NT のボトルネックを調べる


まずパフォーマンスモニタを使って、データを収集しましょう。
  • Memoryオブジェクト
    • Available Bytes カウンタは、未使用の仮想メモリの量
      4MBもしくは、物理メモリ全体の20%以上が適正値です。
    • Pages/sec カウンタは、メモリ上で処理できなかったため、ディスクに読み書きされたページの数
      平均10以内が適正値です。
    • Committed Bytes カウンタは、(単に予約されたのではなく)コミットされた仮想メモリのサイズ(バイト数)です。
      物理メモリより小さいことが理想です。
  • Processerオブジェクト
    • %Processer Time カウンタは、プロセッサが有効なタスクに使用された時間の割合。
      コンスタントに80%未満が適正値です。
    • Interrupts/sec カウンタは、デバイス割り込みの数
      1000以上はハードウェア I/O デバイスの効率に注意。3500以上ならデバイス・ドライバやハードウェアの不良も考えられます。
  • Systemオブジェクト
    • Processer Queue Length カウンタは、プロセッサのキューで処理を待つリクエストの数。
      2未満が適正値です。
    • Interrupts/sec カウンタは、デバイス割り込みの数
      1000以上はハードウェア I/O デバイスの効率に注意。3500以上ならデバイス・ドライバやハードウェアの不良も考えられます。
  • Logical DiskまたはPhisical Diskオブジェクト
    • Avg DiskQueue Length カウンタは、ディスクの処理を待つリクエストの数。
      2以下が適正値です。
    • %Disk Time カウンタは、ディスクが読み書きに費やした経過時間の割合です。
      常に 80% を超える場合は、物理ディスクがボトルネックです。
310067 - パフォーマンス MMC で %Disk Time の値が 100% を超える
システムモニタ








Windows NT Tips


当サイト 人気ウイルス対策ソフト

ESET Smart Security

ウイルスバスター

ノートン・アンチウイルス

マカフィーウイルススキャン

NOD32

ウイルスセキュリティZERO

Copyright(c) 1999-2017 ITNAVI.com サイト運営者情報