ホーム
新着サイト

ニュースサイト
ソフトウェア
フリー・シェアウェア
出版社
情報処理技術者試験
ベンダー試験
求人情報
ノンセクション
Microsoft
Windows
Windows2000
WindowsNT
Windows9x
プログラミング
Visual Basic
C
C++
Java
Delphi
COM/DCOM
Office/VBA
WebDesign
HTML/XML
JavaScript
VBScript
Servlet/JSP
JavaApplet
CGI&SSI
Perl
Active Server Pages
PHP
データベース
Oracle
PostgreSQL
MySQL
UNIX
Linux
FreeBSD
Mac
Server Software
DNS
Mail
Web
Application Server
オブジェクト指向
セキュリティ
ネットワーク

Cool Site
随時更新
ハードウェア
インターネット
テレコミ
プロバイダ
レンタルサーバ
ウェブログ
検索
視力回復情報
ITNAVI.com
別冊(実用)

ITNAVI.com
ガイド



リンク切れ報告、サイト情報お待ちしています"
sawa@itnavi.com


リンクは御自由にどうぞ





ApacheでTomcatする


リリース情報
2002/02/14 Java 2 Platform, Standard Edition バージョン 1.4 リリース
2002/12/20 Tomcat 4.1.18 リリース
2002/10/08 Tomcat 4.0.6 リリース
2002/05/23 Tomcat 3.3.1 リリース
2001/11/20 Tomcat 3.2.4 リリース
2002/06/18 Apache 1.3.26  リリース

構築環境
Apache 1.3.20
Java2 Stadard Edition v1.3.1
Tomcat 3.2.2 or 3.2.3
Red Hat Linux 6.2J or 7.1
Tomcat3.1での設定例
Tomcat3.2.1での設定例
Tomcat4.0.1での設定例

インストール編
1.Apacheをインストールする
2.Java2 SDKをインストールする
3.Tomcatをインストールする

インストール編

2.J2SE v1.3.1をインストールする
Java(TM) 2 Platform, Standard Editionよりj2sdk-1_3_1-linux-i386.binをダウンロードする。
GNUZIP Tar シェルスクリプトの場合
# cd /usr/local
# sh j2sdk-1_3_1-linux-i386.bin
                JavaTM 2 SDK v1.3. Binary Code License Agreement
.....
Do you agree to the above license terms? [yes or no]
yes
.....
Done.

Java使用ユーザは
~/.bash_profileに環境変数をセットする。
export JAVA_HOME=/usr/local/jdk1.3.1
export PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin

※RedHat7の場合、compat-libstdc++パッケージが必要なのでインストールする。
Java(TM) 2 SDK 1.3.1 Linux 版 インストールガイド
RedHat7.1では、
# java -version
/usr/local/jdk1.3.1/bin/i386/native_threads/java: error while loading shared lib
raries: libstdc++-libc6.1-1.so.2: cannot load shared object file: No such file o
r directory

# rpm -ivh compat-libstdc++-6.2-2.9.0.14.i386.rpm
# java -version java version "1.3.1" Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.3.1-b24) Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.3.1-b24, mixed mode)
compat-libstdc++-6.2-2.9.0.14.i386.rpmをインストールした。


3.Tomcatをインストールする

  1. The Jakarta Site - The Jakarta Projectより下記のファイルをダウンロードする。
    jakarta-ant-1.3-src.tar.gz
    jakarta-tomcat-3.2.3-src.tar.gz
    jakarta-servletapi-3.2.3-src.tar.gz
  2. /usr/local/srcディレクトリに配置し、そこで展開しシンボリックリンクを張る。
    # cd /usr/local/src
    # tar zxvf jakarta-tomcat-3.2.3-src.tar.gz
    # ln -s /usr/local/src/jakarta-tomcat-3.2.3-src /usr/local/src/jakarta-tomcat
    # tar zxvf jakarta-servletapi-3.2.3-src.tar.gz
    # ln -s /usr/local/src/jakarta-servletapi-3.2.3-src /usr/local/src/jakarta-servletapi
    # tar zxvf jakarta-ant-1.3-src.tar.gz
    # ln -s /usr/local/src/jakarta-ant-1.3 /usr/local/src/jakarta-ant
    

  3. Java(TM) Technology & XMLより下記のJava API for XML Parsing (JAXP) ファイルをダウンロードする。
    jaxp-1_1.zip

  4. Java(TM) Secure Socket Extension 1.0.2より下記のファイルをダウンロードする。
    jsse-1_0_2-gl.zip

  5. JAXP、JSSEそれぞれ解凍し、CLASSPATHにjarを追加する。
    # cd /usr/local/src
    # jar xvf jaxp-1_1.zip
    # jar xvf jsse-1_0_2-gl.zip
    # export CLASSPATH=/usr/local/src/jaxp-1.1/jaxp.jar:/usr/local/src/jaxp-1.1/crimson.jar:/usr/local/src/jaxp-1.1/xalan.jar
    :/usr/local/src/jsse1.0.2/lib/jcert.jar:/usr/local/src/jsse1.0.2/lib/jnet.jar:/usr/local/src/jsse1.0.2/lib/jsse.jar
    

  6. antをbuildする。
    # cd jakarta-ant
    # ./bootstrap.sh
    

  7. できたant.jarにCLASSPATHを通す。
    # export CLASSPATH=$CLASSPATH:/usr/local/src/jakarta-ant/build/lib/ant.jar
    

  8. servletapiをbuildする。
    # cd ../jakarta-servletapi
    # sh ./build.sh dist
    # cd ../jakarta-tomcat/
    

  9. この後のビルドでantのパスが違うため失敗するので、シンボリックリンクを作成した。
    ※ant 1.4.1 でこの手続きは不要でした。
    # ln -s /usr/local/src/jakarta-ant/bootstrap/bin /usr/local/src/jakarta-ant/bin
    

  10. tomcatをbuildする。
    # sh ./build.sh
    
    # mv ../build/tomcat/ /usr/local/
    # cp ../jaxp-1.1/*.jar /usr/local/tomcat/lib
    # cp ../jsse1.0.2/lib/*.jar /usr/local/tomcat/lib
    
    もし./build.shでBUILD FAILEDが出るようなら再実行してみる。

  11. ApacheとTomcatを連携させるにはmod_jk.soをインストールする。
    ApacheをDSOサポートでインストールしているので、バイナリをダウンロードしてコピーする。
    http://jakarta.apache.org/builds/tomcat/release/v3.2.3/bin/linux/i386/
    API 毎に分かれて置いてあるので、mod_jk.so-eapi,mod_jk.so-noeapiのいずれかをダウンロードしてmod_jk.soにリネームして使う。

    もしモジュールを作成する場合は、
    # cd ../jakarta-tomcat/src/native/apache1.3
    # /usr/local/apache/bin/apxs -c -o mod_jk.so -I ../jk -I$JAVA_HOME/include -I$JAVA_HOME/include/linux *.c ../jk/*.c
    

    このファイルを、Apacheをインストールしたパスのlibexec/にコピーする。
    # cp mod_jk.so /usr/local/apache/libexec
    

  12. tomcat.confの下記の記述を確認する。
    # vi /usr/local/tomcat/conf/tomcat.conf 
    LoadModule jserv_module libexec/mod_jserv.so
    

  13. httpd.confの最下行に以下の記述を追加する。
    mod_jk.conf-autoはtomcatを起動すると作成されるので、apache起動前にtomcatが起動されている必要がある。
    # vi /usr/local/apache/conf/httpd.conf
    include /usr/local/tomcat/conf/mod_jk.conf-auto
    

  14. Tomcat自身をHTTPサーバとして使用しないなら、
    /usr/local/tomcat/conf/server.xmlの下記の行をコメントにする。
        <!-- Normal HTTP -->
    <!--
        <Connector className="org.apache.tomcat.service.PoolTcpConnector">
            <Parameter name="handler"
                value="org.apache.tomcat.service.http.HttpConnectionHandler"/>
            <Parameter name="port"
                value="8080"/>
        </Connector>
    -->
    

  15. Tomcatを起動するには。
    環境変数TOMCAT_HOMEを設定しておこう。
    # export TOMCAT_HOME=/usr/local/tomcat
    # /usr/local/tomcat/bin/startup.sh
    



  16. Tomcatを停止するには。
    # /usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh
    

  17. 最後に自動起動の設定をするが、nobodyユーザで動作するようにしてみる。

    パーミッションを変更する。
    # chown nobody -R $TOMCAT_HOME/logs
    # chown nobody -R $TOMCAT_HOME/webapps
    # chown nobody -R $TOMCAT_HOME/work
    # chown nobody $TOMCAT_HOME/conf/iis_redirect.reg-auto
    # chown nobody $TOMCAT_HOME/conf/obj.conf-auto
    # chown nobody $TOMCAT_HOME/conf/tomcat-apache.conf
    # chown nobody $TOMCAT_HOME/conf/uriworkermap.properties-auto
    # chown nobody $TOMCAT_HOME/conf/mod_jk.conf-auto
    


  18. RedHatの流儀に従い、起動スクリプトを作成する。
    # vi /etc/rc.d/init.d/tomcat
    #!/bin/sh
    #
    # Startup script for the tomcat
    #
    # chkconfig: 345 80 15
    # description: Tomcat is a Servlet+JSP Engine.
    
    # Source function library.
    . /etc/rc.d/init.d/functions
    
    case "$1" in
    'start')
            if [ -f /usr/local/tomcat/bin/startup.sh ]; then
                echo "Starting the tomcat service "
                su - nobody -c "export PATH=$PATH:/usr/local/jdk1.3.1/bin;/usr/local/tomcat/bin/startup.sh"
            fi
            ;;
    'stop')
            echo "Stopping the tomcat service."
            su - nobody -c "export PATH=$PATH:/usr/local/jdk1.3.1/bin;/usr/local/tomcat/bin/shutdown.sh"
            ;;
    'restart')
            $0 stop
            $0 start
            ;;
    *)
            echo "Usage: $0 {start|stop|restart}"
            ;;
    esac
    exit 0
    
    ファイル作成後はchmodで実行許可を与える。

  19. chkconfigにより自動起動設定をする。
    # chkconfig --add tomcat
    # chkconfig --list tomcat
    tomcat          0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
    

  20. それでは起動してみよう。
    # /etc/rc.d/init.d/tomcat start
    

  21. ブラウザでServletとJSPのサンプルの動作確認してみる。
    http://<サーバのIPアドレスもしくはFQDN>/examples/servlets/
    http://<サーバのIPアドレスもしくはFQDN>/examples/jsp/








    Apache で Tomcat する


    ウィルス対策ソフトなんてどれも同じだと考えていませんか?検出性能か、価格か、ブランドか、あなたに合ったベストソリューションはどれ? ウイルス対策ソフトに関するトピックスをメールマガジンでお知らせしています
    まぐまぐ Logo ウィルス対策ソフトを比較するメルマガ をまぐまぐで登録
    電子メールアドレス(半角):


    先頭へ戻る トップページへ戻る


    2002年10月16日更新

Copyright(c) 1999-2001 ITNAVI.com