ホーム
新着サイト

ニュースサイト
ソフトウェア
フリー・シェアウェア
出版社
情報処理技術者試験
ベンダー試験
求人情報
ノンセクション
Microsoft
Windows
Windows2000
WindowsNT
Windows9x
プログラミング
Visual Basic
C
C++
Java
Delphi
COM/DCOM
Office/VBA
WebDesign
HTML/XML
JavaScript
VBScript
Servlet/JSP
JavaApplet
CGI&SSI
Perl
Active Server Pages
PHP
データベース
Oracle
PostgreSQL
MySQL
UNIX
Linux
FreeBSD
Mac
Server Software
DNS
Mail
Web
Application Server
オブジェクト指向
セキュリティ
ネットワーク

Cool Site
随時更新
ハードウェア
インターネット
テレコミ
プロバイダ
レンタルサーバ
ウェブログ
検索
視力回復情報
ITNAVI.com
別冊(実用)

ITNAVI.com
ガイド



リンク切れ報告、サイト情報お待ちしています"
sawa@itnavi.com


リンクは御自由にどうぞ





いろはにApache


リリース情報
2002/10/3 Apache 1.3.27  リリース
2002/12/27 PHP 4.3.0  リリース

構築環境
Apache 1.3.20
PHP 4.0.6
Red Hat Linux 6.2J or 7.1
インストール編
1.Apacheをインストールする
2.PHPをインストールする
運用編
1.ユーザ認証をする。

インストール編

1.Apacheをインストールする。

  1. Downloading Apache - Japanized Apache Siteよりapache_1.3.20.tar.gzをダウンロードします。
    /usr/local/src/配下に展開
    $ tar xvzf apache_1.3.20.tar.gz
    

    apacheはDSO(Dynamic Shared Object) サポート付きにします。
    $ cd apache_1.3.20
    $ ./configure --enable-rule=SHARED_CORE --enable-module=so
    $ make
    $ su
    # make install
    

  2. httpd.confの設定が完了したら、
    configtestで設定内容に誤りが無いか確認します。
    httpd.confのPortが80になっているかも確認しておきます。
    # /usr/local/apache/bin/apachectl configtest
    Syntax OK
    
    apachectlのconfigtestでSyntax OKが出たら設定に問題ありません。

  3. 自動起動の設定をします。
    起動スクリプトを作成します。
    /etc/rc.d/init.d/httpd
    #!/bin/sh
    #
    # Startup script for the Apache Web Server
    #
    # chkconfig: 345 85 15
    # description: Apache is a World Wide Web server.  It is used to serve \
    #	       HTML files and CGI.
    # processname: httpd
    # pidfile: /var/run/httpd.pid
    # config: /usr/local/apache/conf/access.conf
    # config: /usr/local/apache/conf/httpd.conf
    # config: /usr/local/apache/conf/srm.conf
    
    
    # Source function library.
    . /etc/rc.d/init.d/functions
    
    # See how we were called.
    case "$1" in
      start)
    	echo -n "Starting httpd: "
    	daemon /usr/local/apache/bin/httpd
    	echo
    	touch /var/lock/subsys/httpd
    	;;
      stop)
    	echo -n "Shutting down http: "
    	killproc httpd
    	echo
    	rm -f /var/lock/subsys/httpd
    	rm -f /var/run/httpd.pid
    	;;
      status)
    	status httpd
    	;;
      restart)
    	$0 stop
    	$0 start
    	;;
      reload)
    	echo -n "Reloading httpd: "
    	killproc httpd -HUP
    	echo
    	;;
      *)
    	echo "Usage: $0 {start|stop|restart|reload|status}"
    	exit 1
    esac
    
    exit 0
    
    ファイル作成後はchmodで実行許可を与える。

  4. httpdのランレベルを設定します。
    # su -
    # chkconfig --add httpd
    # chkconfig --list httpd
    httpd           0:off   1:off   2:off   3:on    4:on    5:on    6:off
    

  5. 早速、起動してみます。
    # /etc/rc.d/init.d/httpd start
    


2.PHPをインストールする

PHP Downloadsよりphp-4.0.6.tar.gzをダウンロードする。
$ tar xvzf php-4.0.6.tar.gz
$ cd php-4.0.6
$ rm configure
$ ./buildconf
$ ./configure --enable-mbstring --enable-mbstr-enc-trans
 --with-pgsql=/usr/local/pgsql --enable-track-vars
 --with-apxs=/usr/local/apache/bin/apxs --without-gd --enable-trans-sid
$ su
# make install

PHPの設定ファイルをコピーする。
# cp php.ini-dist /usr/local/lib/php.ini

apacheの設定ファイルを編集する。
PostgreSQLデータベースにアクセスするならば、 libpqをロードするよう下記の記述を追加する。
# vi /usr/local/apache/conf/httpd.conf
LoadFile /usr/local/pgsql/lib/libpq.so
LoadModule php4_module  libexec/libphp4.so ←既にあるはず
# 下記のコメントを外す。
AddType application/x-httpd-php .php
デフォルトページにindex.phpを追加したいなら、DirectoryIndexも修正する。
DirectoryIndex  index.php index.html

PHPの動作確認をする。
/usr/local/apache/htdocsに下記の1行でtest.phpを作成する。
<?php phpinfo(); ?>
http://<サーバのIPアドレスもしくはFQDN>/test.php
にアクセスしてみる。


運用編

1.ユーザ認証をする。


  1. httpd.confで.htaccess の使用を許可する。許可したいディレクトリのAllowOverrideにAuthConfigを追記する。
    # vi /usr/local/apache/conf/httpd.conf
    
    ・
    ・
    ・
    # This controls which options the .htaccess files in directories can
    # override. Can also be "All", or any combination of "Options", "FileInfo",
    # "AuthConfig", and "Limit"
    
    AllowOverride AuthConfig
    ・
    ・
    ・
    
    
    Options・・・CGI の実行、シンボリックリンクをたどるかどうか、などの制御を .htaccess で指定する事ができる。
    FileInfo・・・拡張子とファイルタイプの対応の指定や File 名置換などを、.htaccess で指定する事ができる。
    AuthConfig・・・ユーザー認証に関する指定を、.htaccess で指定する事ができる。
    Limit・・・アクセス制限に関する指定を、.htaccess で指定する事ができる。
    All・・・以上の全てを指定したのと同じ。

  2. パスワードファイルを作成する。
    htpasswd の使用例 (この場合は、hogeuser がユーザ名、hogepass がパスワードになる)
    $ /usr/local/apache/bin/htpasswd -bc /home/hoge/.htpasswd hogeuser hogepass
    でできます。 -c オプションをつけると、パスワードファイルを新しく作ります。
    $ cat /home/hoge/.htpasswd
    hoge:ycavAJ8cgj9rM
    

  3. .htaccessファイルを作成する。 ユーザ認証するディレクトリに置きます。
    AuthUserFile /home/hoge/.htpasswd
    AuthGroupFile /dev/null
    AuthName "Hoge"
    AuthType Basic
    <Limit POST GET>
    require valid-user
    </Limit>
    









オープンソースのウェブサーバ Apache


ウィルス対策ソフトなんてどれも同じだと考えていませんか?検出性能か、価格か、ブランドか、あなたに合ったベストソリューションはどれ? ウイルス対策ソフトに関するトピックスをメールマガジンでお知らせしています
まぐまぐ Logo ウィルス対策ソフトを比較するメルマガ をまぐまぐで登録
電子メールアドレス(半角):


先頭へ戻る トップページへ戻る


2001年9月20日更新

Copyright(c) 1999-2001 ITNAVI.com