ネットショッピング利用者なら知っておきたいコト!楽天とYahoo、どっちがお得?

家から一歩も出ることなく、ネットを経由してすぐに欲しいものを手にすることが出来るようになった現代。ネットショップを利用して買い物を済ませる方も大勢いらっしゃるのではないでしょうか?ネットショップ大手といえばYahooと楽天があげられますね。ポイントの貯めやすさでは楽天に軍配がありますが、ポイントを「現金化」するといった方面ではYahooに強みがあるようです。

楽天は、なんといってもポイントの交換対象となる商品が旅行商品がYahooよりも豊富です。そしてポイント付与率がアップするキャンペーンも充実しています。
提携カードユーザー向けのサービスなど、ポイントを効率的に貯められる仕掛けも多彩。

また楽天はネット銀行のイーバンクを買収したので、ネットバンクで楽天ポイントを貯めるという選択肢も増えました。

楽天カードは年会費永年無料。100円ごとに1ポイント貯まる楽天スーパーポイント制ですが、楽天市場での買い物でポイント2倍になったり、加盟店での買い物でポイント3倍になったりと、ポイントを貯める機会がかなり多く用意されているカードです。

楽天市場をよく利用するポイント重視派の方なら、メインカードの選択候補に入れても問題ないでしょう。

ただ、楽天カードにもデメリットがあります。
楽天カードにはETCカードがありますが、残念ながら無料ではないんです。
登録するには525円(税込)が必要になるので、ETCも申し込みたいと考えている方は注意しましょう。
また、Edyが搭載されていますが、Edyを利用して貯めたポイントをEdyなどの電子マネーにチャージして利用することができません。ポイントは貯まりやすいですが、ポイントの「現金化」には向いていないカードですね。
そして逆に「現金化」に向いているのが、「yahoo!JAPANカードSuica」です。

「Yahoo!JAPANカードSuica」は、Yahoo!ショッピングの利用額100円につき2ポイントが貯まります。

貯まったポイントは、1ポイント=1円としてYahoo!ショッピングなどの支払いに利用でき、またSuica付きなので、Suicaポイントなどに交換することもできます。
nanacoポイントとも相互交換が可能ですし、JALマイルへの移行も対応。
ポイントを現金化して利用したいかたにはこちらのほうが向いているかもしれません。
ネットショッピングはもちろん、それ以外でも、とても使い勝手の良いカードです。

ポイントを効率良く貯めて特典と交換したい方なら楽天をメインに、Suicaなどに現金化して利用したい方はYahooカードをメインに利用することをおすすめいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA