とっても ORACLE

キャッシュのヒット率を調べる


・データベースバッファキャッシュ
SELECT 1-(phy.value/(cur.value+con.value)) "cache hit ratio"
 FROM v$sysstat cur,
     v$sysstat con,
     v$sysstat phy
 WHERE cur.name = 'db block gets'
  AND con.name = 'consistent gets'
  AND phy.name = 'physical reads';

cache hit ratio
---------------
      .94157766
キャッシュのヒット率を判断し、DB_BLOCK_BUFFERSを設定する。90%以上が理想。

ただしOracleが起動されてからの累計値であるためある時間帯のヒット率を調べるなら、v$sysstatを2回selectしその差分を元に計算する必要がある。
SELECT name,value FROM v$sysstat WHERE name in ('db block gets','consistent gets','physical reads');

[ヒット率]
1 - ( physical_reads / ( db_block_gets + consistent_gets ) )


・ライブラリキャッシュ ヒット率
SELECT (SUM(pins - reloads)) / SUM(pins) "LIB CACHE" FROM v$librarycache;

LIB CACHE
---------
 .9975751
共有プール領域 SHARED_POOL_SIZEを設定します。99%以上が理想。

・ディクショナリキャッシュ ヒット率
SELECT (SUM(gets - getmisses - usage - fixed)) / SUM(gets) "ROW CACHE" FROM v$rowcache;

ROW CACHE
---------
.95738914
共有プール領域 SHARED_POOL_SIZEを設定します。90%以上が理想。


オラクル Oracle 購入オラクル製品のお見積りご購入はこちら
ユーザー登録すると、オンライン特別割引価格で見積できます。





Copyright(c) 1999-2017 ITNAVI.com サイト運営者情報